現代アートの先駆けパウル・クレーの語る芸術とは

未分類
スポンサーリンク

20世紀前半に前衛画家として活躍し、その深い味わいの作風が癖になるパウル・クレー。

また、バウハウスでの後進教育にも大変な定評があります。

そんなパウル・クレー独自の芸術論は、

「芸術の本質は、見えるものをそのまま再現するのではなく、見えるようにすることにある」

タイトルとURLをコピーしました