渡辺恒雄、「人間という生き物を自分の為に最大限に生かさん」の至言

思想・処世術
スポンサーリンク

渡辺恒雄さんと言えば、今でも読売グループの事実上の領袖、長らく日本の最上層で、その存在感を縦横に発揮されておりました。

ただ、どうも、まだ我々は、その素顔を、あまり知らないのかもしれません。

そんな渡辺恒雄さんによる名言。

「将来有望なやつの不遇な時に取り入れ!」

人間にすがるなら、有能な人間に。

そして、人間というのはうまくいっている時に取り入ったところで、ありがたみを全然覚えない。

という、まさに帝王学です。

渡辺恒雄さんはよく知られている通り、東大出。

そして、もともとはごりごりの反戦家であり、共産主義者です。

ただ、戦後の世に、ジャーナリストとして当たり、いろいろと変化が起きていったようです。

そんな、渡辺恒雄さんの独白を見る機会があったのですが、私の感想としては、「頭はいいけど、ものすごく憶病で繊細な人だなあ」

帝王と思われているのとは真逆ですね。

弱く、心細く、ロマンチスト。

誰か自分の表と裏を上手く小説にでもしてくれないかな、というセンチメンタリズムすら感じ取りました。

弱いからこそ、ああなったのでは、と思わせます。

そして、そんな人間だからこそ、人間の本質がよくわかるのでしょう。

さにしても、渡辺恒雄さんというのは、戦後日本のかつての世代の象徴に思われます。

あれだけ、自由に肩入れしたのに、ある時、ファッと豹変し、当たり前に体制側の尖兵になっていそしみ続ける。

どちらが正しいとかではなく、極論に走りがちで、その異様な変わり身の鮮やかさ、と、無責任さ、ちゃっかりさ。

「戦後の後」はこうして作られたのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました