とても手っ取り早くて安上がりで効果の大きい、意外な歯のケア方法とは?

未分類
スポンサーリンク

普段おろそかになりがちなのですが、歯は一生もんです。

いざ、一本でも失ってみると、その喪失感はそう小さいものではありません。

当たり前の噛み応えがない。

噛み砕けない。

見栄えが悪くなる。

そして、こういう症状でお悩みの方へ。

◆歯周病になりやすい

◆虫歯になりやすい

◆口臭が臭いと言われる

既にごく一部では知られている、ある歯のケア方法を紹介させていただきます。

歯を指で磨く!

なんだ、きったねえな!

と思われたかもしれません。

が、続きを見てください。

歯ブラシでの磨きは一見、「磨いてますよ」と言う感触は強いのですが、実は案外に磨き残しが多いです。

実際、私自身、結構歯磨きは入念にやってるはずなのに、歯医者さんには「まだまだケアが足りんな」「歯垢だらけじゃん」と言う反応。

危ない虫歯まで発覚してしまいました。

なんでやねん、ということでいつしか実行していたのが指磨き

そうなんです。

歯医者さんに、「ほら、このキュっとした感触なのがきれいな歯、で、このぬめッとした感触なのが歯垢」と言われ、確かに。

指で触ると、まるわかりなんですね。

どこが、ケアされて、どこが、ケアされてないか

ケアされていないところで多いのが、

◆歯の根元

◆歯の裏

◆一番奥歯の向こう面

◆歯と歯の隙間

いくら歯磨きで磨いたつもりでも、本当に汚れが落ちているかどうかというのは別問題のようです。

そして、指のすごいところは、指紋があるせいか、ごく微細な汚れまでこそぎ落としてくれるのです。

そんなに、強くごしごしとはしなくてよいです。

ざらす感じでよいです。

唾液に混じり、ぬめっとしたものが落ちくるのがわかります。

そして、都度指と口中を水洗いです。

すると、だんだん歯の表面がキュッキュッしてきます

ちょっと強めに擦ると、本当に音がします。

指磨きは、私の場合何日に一回で十分です。

ほかは普通に歯ブラシで磨いてます。

そして、歯医者さんの定期健診に行くと、思いがけない反応が待っておりました。

「すごいですね。ものすごくきれいですよ」

さらに、

「よほど唾液が強いんですね」

指で磨いていることは黙っておりました。

虫歯、歯周病まったくなし。

そうです。

一見、汚いことに見えるかもしれませんが、指は洗えばすぐ済むことであり、逆に歯はピッカピカで、口臭もきれいになります。

タイトルとURLをコピーしました