落ち込んだ時、人生の意味が分からない時、こうするといいかも?

思想・処世術
スポンサーリンク

私たち人間は人間である限り、どうしても落ち込む時、人生の意味が分からなくなる時があります。

そんな時、どうすればよいのか。

これは、私のある知人が語っていたことです。

正しい生き方とは無限にあると思います。

なので、これはその一つ。

あるいは、全部でなく、時に応じて使ってみる、と言うのもありだと思います。

落ち込んだ時、人生の意味が分からない時、こうするといいかも?

①余計なことは考えない

苦しいことや、先々の不安、さらには、なぜ生きているのか、ということなどをできるだけ考えないようにします。

原始、人間というものは、日々生きることに精一杯でした。

なので、そのほかの事を考えるというのは、そもそも私たち人間にとって大変な負荷なのかもしれません。

また、ただがむしゃらに積み上げていく、だけで気づけば膨大な成果につながっていることもあります。

そこまででなくても、一度、ここは「考えるべきことなのか」「考えなくてもよいことなのか」整理して、「考えなくてよい」なら、できるだけうっちゃるように心がけてみるのはいかがでしょう。

②仕事に没頭する

①の延長ですが、そのためにとても効果的なのが、仕事(勉強、活動なども含む)に没頭することです。朝から晩まで仕事漬けになり、嫌なことはなかったことにしてしまいましょう。

仕事で鬱陶しいことがあっても、それはそれとして仕事に没頭しましょう。

そして、仕事で日々前進・積み重ねていきましょう。

③運動をする

これも①の延長です。

運動をすれば、余計なことを考えず、夜ぐっすり眠れます。

また、体にも良いです。

タイトルとURLをコピーしました