イチロー選手名言集

思想・処世術
スポンサーリンク

憧れを持ちすぎて、自分の可能性を潰してしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性は広がると思います

キャンプでいろいろと試すことは、ムダではありません。ムダなことを考えて、ムダなことをしないと、伸びません。

打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなるときがあります。そういう時期にどうやって気分転換をするかは、すごく大事なことです。

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。チャンスだと思っている。

だから、壁がある時は努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事。苦しみを背負いながら、毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した。苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら挑戦することが、勝負の世界の醍醐味だ。

自分のしたことに人が評価を下す、それは自由ですけれども、それによって、自分が惑わされたくないのです。結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が何かを生み出すきっかけをつくる。

今自分がやっていることが好きであるかどうか。それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず。

人に勝つという価値観では野球をやっていない。

第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい。

調子が悪い時こそ、全力でプレーすることが大事。

やってみて「ダメだ」とわかったことと、はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。

何かを長期間、成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある。

逆風は嫌いではなく、ありがたい。どんなことも、逆風がなければ次のステップにいけないから。

結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは、野球選手としてではなく、人間をつくるために必要です。

考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになります。

自分の思ったことをやりつづける事に後悔はありません。それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから。

タイトルとURLをコピーしました