OBでオーダーを組んだらどの国内アマチュア野球チームが最強なのか?

未分類
スポンサーリンク

オールスターを越えるような豊富なOB陣を抱えている名門アマチュア野球チームは国内にたくさんあります。

その中で一体どこが最強なのかを探ってみました。

大阪桐蔭高校

やはり、21世紀最強と言ってよい大阪桐蔭

まずはここから行ってみましょう。

先発メンバー

西岡剛(遊)

平田良介(右)

浅村栄人(一)

中村剛也(三)

中田翔(左)

森友哉(捕)

藤原恭大(中)

西田直人(二)

今中慎二(投)

控え

投手

岩田稔

藤浪晋太郎

柿木蓮

辻内崇伸

捕手

岡田雅利

内野手

根尾昂

外野手

荻原誠

監督

西谷浩一

概観

4番が何人いるんだという超重量打線!

ライオンズも真っ青です。

やはり、「これから」という若い選手がたくさん目につきます。

エース今中は、あの当時を知る人からすれば「当然だろ」になると思います。

横浜高校

西に大阪桐蔭があるなら、東は明らかにここ。

先発メンバー

苅田久徳(二)

鈴木尚典(左)

愛甲猛(一)

筒香嘉智(三)

多村仁(右)

阿部真宏(遊)

荒波翔(中)

吉田博之(捕)

松坂大輔(投)

ローテーション投手

若林忠志

涌井秀章

成瀬善久

控え

投手

中田良弘

高橋建

矢野英司

横山道哉

藤平尚真

捕手

小山良男

内野手

石川雄洋

外野手

斉藤宜之

乙坂智

青木実

代打の切り札

後藤武敏

監督

渡辺元智

概観

1番、苅田久徳さんは戦前戦後の草創期に活躍され、盗塁王、MVP、ベストナインにそれぞれ1回ずつ輝かれ、野球殿堂入りなさっております。

鈴木尚典を2番と言う超贅沢な起用をしてみました。

後、2番手投手に回ってもらった若林忠志さんも知る人ぞ知るとんでもない方でして、戦前戦後ほぼ毎シーズン1~2点台。通算237勝。

松坂大輔と、どちらをエースにするのかは悩みどころです。

国内プロでの実績は明らかに若林さんの方が圧倒しております。

ただ、松坂大輔は全盛期のすさまじさと、メジャー、WBCでの活躍経験があります。

松坂大輔にさせてください。

タイトルホルダーの青木実さんは代走の切り札です。

PL学園高校

はい。

期待通りやっと出てまいりました。

いや、もう度肝を抜かれるすごさです。

先発メンバー

新井宏昌(中)

立浪和義(二)

福留孝介(左)

清原和博(一)

加藤秀司(DH)

今江敏晃(三)

坪井智哉(右)

宮本慎也(遊)

木戸克彦(捕)

前田健太(投)

控え

投手

桑田真澄

尾花高夫

野村弘樹

入来祐作

金石昭人

内野手

小早川毅彦

片岡篤史

今岡誠

松井稼頭央

小窪哲也

外野手

得津高宏

中塚政幸

吉村禎章

金森栄治

代走・外野守備固めの切り札

大村三郎

監督

中村順司

ヘッドコーチ

平石洋介

専属ベンチレポーター

上重聡

概観

恐ろしいです。

2軍ですらとんでもないオーダーが組めてしまいます。

特にショートはちょっとおかしいですね。

今岡が4番手です。

ちなみにエースはプロ時代トータルの実績から鑑みてマエケンにいたしました。

また、上重さんは日テレから来ていただきました。

(なつかしのPL学園応援曲を聴くならこちらの記事

亜細亜大学

「やっぱりPLで決まりだろう」

確かに。

今、OBの方々も一丸となって野球部の復活に尽力されているみたいです。

もとい。

いやいや、大学にここがあるでしょう。

あの赤星が何億積まれても二度と戻りたくないといったあの伝説の伝統校が。

先発メンバー

赤星憲広(中)

井端弘和(二)

大石大二郎(左)

松田宣浩(三)

大橋穣(遊)

古屋英夫(一)

岩本貴裕(右)

嶺井博希(捕)

川尻哲郎(投)

控え

投手

東浜巨

入来祐作

薮田和樹

九里亜蓮

木佐貫洋

宮本賢治

高橋遥人

小池秀郎

弓長起浩

久本祐一

永川勝浩

高津臣吾

与田剛

阿波野秀幸

山崎康晃

捕手

小山良男

内野手

木浪聖也

内外野手

パンチ佐藤

監督

内田俊雄

概観

いやはや、何人抑えがいることやら。

若い方はなじみが薄いかもしれませんが、永川から下に書いた投手は全員、そのレジェンドばかりです。

左のワンポイント職人などもしっかりおりますので、相手チームは絶対に5回までにリードしなければ試合は終わります。

また、やたらと俊足で守備のうまい選手が多いのも特徴です。

まとめ

社会人ではこれらに対抗できるほどのチームが見当たりませんでした。

にしても、やっぱりPLでしょうか。

でも、亜細亜の5人ストッパー体制には驚愕でした。

先発が責任投球回数を投げられないじゃありませんか。

後、ここでは紹介できませんでしたが、駒澤大学もなかなか強烈です。

2020選抜に関する記事はこちら

選抜高校野球の歴史と2020優勝校予想

タイトルとURLをコピーしました